InfinityLab クイックチェンジバルブ

HPLC モジュール

InfinityLab クイックチェンジバルブ

InfinityLab クイックチェンジバルブを使用することにより、カラムや溶媒の選択、カラム再生、サンプルのクリーンアップと濃縮などのさまざまなアプリケーションを自動化することができます。 バブルドライブとバルブヘッドが独立した設計になっているためラボの個別のアプリケーション要件に合わせてバルブを自由に選択、交換が可能です。

クイックチェンジバルブは、Agilent 1290 Infinity バルブドライブに取り付ける他、モジュール内にバルブを設置することができるAgilent 1260 Infinity II マルチカラムサーモスタット、Agilent 1290 Infinity II マルチカラムサーモスタット(それぞれ 1 個のバルブを搭載)、Agilent 1290 Infinity フレキシブルキューブ(最大 2 個のバルブを搭載)などに取り付け可能です

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 溶媒やカラム選択の自動化が可能となり、メソッド開発において柔軟なワークフローを実現
  • サンプル濃縮やサンプルクリーンアップ等、様々なサンプル前処理機能をを自動化
  • カラム再生によるサンプルスループットの向上
  • 流路材質は、高圧/超高圧アプリケーション(最大 130MPa)に対応するステンレス製、バイオクロマトグラフィーアプリケーション(最大 60MPa)に対応するバイオイナート材質の利用可能
  • InfinityLab クイックチェンジバルブヘッドの交換、キャピラリー接続やキャピラリー交換が簡単に実施可能
  • LC メソッド開発用 1290 Infinity II メソッド開発システムやAgilent 1290 Infinity II 2D-LC ソリューション等、専用ソフトウェアを含み、即座に利用可能な自動バルブソリューションの提供が可能
  • アジレントの機器制御フレームワークを介して、OpenLab CDS、MassHunter などのアジレント製ソフトウェア、更にはサードパーティソフトウェアによる完全に制御が可能

ページTOP