1260 Infinity II マルチメソッドシステム

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

1260 Infinity II マルチメソッドシステム

単一システムで複数のユーザーと日々のすべてのメソッドに対応
1260 Infinity II マルチメソッドソリューションは、最小のマニュアル操作で最大限のシステム活用を実現します。1 つのシステムで、独自の複数化合物アナライザを作成することも、複数の科学者にそれぞれの独自のメソッドへのアクセスを提供することもできます。

Application Finder で、1260 Infinity II マルチメソッドシステムのすべてのアプリケーションノートと技術概要を表示できます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • システムの手動操作を最小限に – 最大 4 本のカラム、最大 15 の移動相を自動的に切り替え、システムを自動運転することができます。
  • すべてのメソッドを 1 台のシステムに – 1 回の分析では分離できない複数の化合物の分析や、複数のユーザーが各自のソッドを使用して自動分析を可能にする独自のカスタムアナライザとして利用可能です。
  • Walkup システムとエキスパート LC の長所を統合 – 最大限の柔軟性と高い分析性能を活用できると同時に、複数ユーザーに対応可能であり、機器の稼働率が向上します。
  • 複数メソッドを 1260 Infinity II Prime LC で実行 – 日々のメソッドを最高 80 MPa で実行できます。また、ブレンドアシスト機能を使用して分析中に原液から溶媒やバッファを自動的に混合できます。
  • 使用する LC システムの数の削減 – 新しい 1260 Infinity II Prime LC と ISET 機能を使用して簡便にメソッドを移管できます。
  • デュアルニードルオプション付き 1260 Infinity II マルチサンプラ– 例えば、複雑なマトリックスを含むサンプルの連続測定と、サンプルクリーンアップを必要とする分析を 1 台のシステムで行う場合、独立した注入路を使用することでアプリケーション間で切り替えが可能です。
  • ニーズに応じてソフトウェアを選択 – きわめて直観的な操作が可能な Agilent OpenLab CDS や、Walkup およびメソッド開発アプリケーション等のアドオンソフトウェアに対応した OpenLab CDS ChemStation Edition から選択可能です。
  • 製品情報

ページTOP