1260 Infinity II LC システム

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

1260 Infinity II LC システム

信頼性がもたらす日々の LC 分析効率

1260 Infinity II LC には、HPLC 分析および UHPLC 分析用のモジュールが豊富に備わっています。信頼できる機器と最新のカラム技術および高度な消耗品との組み合わせが、堅牢な分離性能と検出性能を保証します。容易なカラム取り扱いと優れたサンプルロジスティクスにより、サンプル注入からデータ解析まで、トータルの分析時間の短縮と機器利用の最適化を保証します。シームレスなメソッド移管と段階的なアップグレードパスが、現行のインフラストラクチャでのリスクのない統合を容易にし、予算内でスムーズな移管を実現します。

最高の LC 効率を生み出すためにシームレスに連携して機能するように設計されたInfinityLab ファミリー、LC 機器、カラム、消耗品の最適化されたポートフォリオについてご確認ください。

Application Finder で、1260 Infinity および 1260 Infinity II LC システムのすべてのアプリケーションノートと技術概要を表示できます。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • コンベンショナルおよび UHPLC に対応 –  1260 Infinity II クォータナリポンプ1260 Infinity バイナリポンプは、最高 60 MPa(600 bar)の使用圧力で、アジレントの Poroshell 120 カラムに最適です。 
  • 分析およびセミ分取精製 - 1260 Infinity II クォータナリポンプの広い流量範囲(最大 10 mL/min)は標準およびセミ分取アプリケーションを完全にサポートします。 
  • 高速で高精度なグラジエント - 1260 Infinity II バイナリポンプは、一般的なHPLC分析はもとより LC/MS 分析に適した高速および精密なグラジエントを実現する最適な選択肢です。
  • 超低キャリーオーバー -  1260 Infinity II バイナリポンプは、一般的なHPLC分析はもとより LC/MS 分析に適した高速および精密なグラジエントを実現する最適な選択肢です。
  • サイクル時間の短縮 - アジレント独自のデュアルニードル設計により、2 つの注入路を用いて交互にサンプルを分析できます。サイクル時間を数秒に削減でき、これにより、大量注入でもニードル洗浄でも、従来あった待ち時間がほぼなくなります。
  • 効率的なサンプルハンドリングとロジスティクス - シャローウェルプレート用の引き出しを使用すると、1260 Infinity II マルチサンプラでは最大 16 枚のマイクロタイタープレート、つまり最大で 6144 サンプルを収容でき、1 台のシステムとしては最大のキャパシティを実現しています。
  • 効率的なカラム処理と温度制御 –  1260 Infinity II マルチカラムサーモスタットはクイックチェンジ切り替えバルブによって直接アクセスできるカラムを最大 4 本搭載できるため、柔軟性がありカラムの取り外しや再接続が不要です。
  • すばやく簡単な接続 – InfinityLab クイックコネクトフィッティングにより時間と手間を削減できます。
  • 高品質データ –  1260 Infinity II ダイオードアレイ検出器 HS は、より低い検出下限およびより高いデータ品質を提供し、より高い信頼性を実現しています。 
  • 効率的なコントロール、採取、レポート作成 – アジレントの機器コントロールフレームワーク(ICF)は、サードパーティ製クロマトグラフィーデータシステムによる Agilent LC 機器のスムーズな制御を可能にします。
  • 製品情報

ページTOP