キャピラリチューブとリテンションギャップ

ガスクロマトグラフ

キャピラリチューブとリテンションギャップ

不活性化チューブはガードカラムやトランスファーラインとして使用できます。アジレントの標準不活性化プロセスは、フェニルメチル不活性化です。これは不活性度と堅牢性が高いため、多くのアプリケーションに適しています。非不活性化チューブやフューズドシリカは一般的に、キャピラリ電気泳動に使用されます。また、不活性度が重要でないトランスファーラインやその他のアプリケーションにも使用できます。リテンションギャップは、特定の種類のサンプル、カラム、GC 条件のピーク形状の改善に使用されます。リテンションギャップはさまざまな極性で使用できます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 不活性化チューブはガードカラムやトランスファーラインとして使用できます。
  • 非不活性化チューブやフューズドシリカは一般的に、キャピラリ電気泳動に使用されます。
  • リテンションギャップによって、特定のアプリケーションのピーク形状を改善できます。

ページTOP