サーマルディソープションシステムサプライ

分析機器用 部品と消耗品

サーマルディソープションシステムサプライ

熱脱着 (TD) として知られている分析技法を使用すると、大気、玩具、建材、車のキャビン、食品中の揮発性汚染物質を測定できます。Markes International 社の TD システムを Agilent GC および GC/MS システムと組み合わせることで、現在の要件を満たすとともに、将来のニーズにも対応できる感度とダイナミックレンジを得られます。
Markes International 社の TD プラットフォームでは、自動分析のオプションにより、シングルチューブ、リアルタイムの大気サンプル、キャニスターの分析が可能です。Markes 社は重要な先進技術を発表しており、現在では TD 機器の標準を確立しています。アジレントは、ご使用中の Markes 熱脱着装置に必要な消耗品を提供します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • すべてのスプリットフローの定量的なサンプル再捕集により、重要なサンプルの再分析および容易なメソッドバリデーションを可能にし、従来の TD システムの唯一の欠点を克服しています。
  • 電子チューブタグ (TubeTAG): 業界標準の吸着剤チューブ用の RFID チューブタグを利用できます。
  • ディフュージョンロッキング (DiffLok) により、サンプルの気密性を高め、堅牢 (かつ機械的にシンプル) な自動化を実現します。
  • 特許技術の不活性バルブにより、単一の分析プラットフォームであらゆる TD アプリケーションに対応できます。揮発性の高い物質、半揮発性物質 (最大 n-C40) のほか、メルカプタンや CS ガスなどの反応性の高い物質も、1 つの TD システムで分析できます。
  • ブランクおよびサンプル済みチューブにも自動的に内部標準を導入できます。
  • 熱脱着装置のキャリアガスのエレクトロニックニューマティクスコントロール (EPC) により、スプリットフローに左右されない一貫した化合物リテンションタイムを確保します。
  • 電子冷却式の吸着剤トラップと独自の高速トラップ昇温機能によって、スプリットレスキャピラリ GC 運用と最適な感度を実現します。氷が生成されることもありません。
  • 複数チューブに対するオフラインコンディショニング機能を備えており、使用しないチューブ接続を閉塞する必要がありません。
  • 特殊吸着剤チューブ: 認定された参照標準、SafeLok チューブ、Silcosteel チューブを用意しています。
  • 液体/固体/エマルジョン、現場土壌、ポリマー、天然物、建築製品などの分析困難なマトリックス中の高揮発性および半揮発性有機物を測定するための独自サンプリングツールを取り揃えています。

ページTOP

サービス

  • アジレントの主要サービスは、ラボのコスト管理と生産性向上に役立ちます。マルチベンダー対応のサービスのため、他社製機器にもご利用いただけます。
  • 戦略的優位性を得られる機会もあります。アジレントは、お客様固有の要件に合わせてラボを総合的に管理するソリューションを提供しており、これには教育、資産管理、機器の移設、ライフサイクルプランニングなどのサービスが含まれます。
  • ビジネスをモデル化し、経営判断に役立つラボインテリジェンスを提供することで、次のような効果を得ることができます。
  • 効率の向上による 10~25 % (平均) のコスト削減
  • 科学者の管理業務や保守作業が低減するため、生産性が向上
  • 購入から廃棄までにわたる資産管理により、機器のライフサイクル全体を最適化
  • CrossLab 機器サービス。戦略的優位性について詳しくは、Agilent CrossLab 機器サービスをご覧ください。
  • ソフトウェアメンテナンス契約。Agilent ソフトウェアメンテナンス契約をご利用いただくと、ソフトウェアへの投資を高いコスト効率で保護し、サポートを受けられます。アジレントの担当者にお問い合わせいただくか、詳細情報をご覧ください。

ページTOP