エンドグリコシダーゼ

バイオファーマ HPLC 分析

エンドグリコシダーゼ

アジレントのエンドグリコシダーゼ (旧 ProZyme) は、糖タンパク質などの基質からオリゴ糖を遊離します。これらの酵素は、分析前の糖タンパク質の脱グリコシル化、またはラベリングと分析用の N-グリカンの遊離に有用です。アジレントが提供する PNGase F は、インタクト N-グリカンを遊離するアスパラギンアミダーゼであり、N-グリカン分析で役立ちます。PNGase F は、N-グリカンの最も内側の GlcNac と、N-グリカンが結合されているペプチドのアスパラギン (Asn) 残基を切断します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • これらの製品は、分析用のグリカンの除去、または分析用の脱グリコシル化タンパク質の取得において、幅広く使用されています。
  • 中でも注目に値するのは PNGase F です。これは、N-グリカンの最も内側の GlcNac と、N-グリカンが結合されているペプチドのアスパラギン (Asn) 残基を切断することにより、インタクト N-グリカンを遊離するアスパラギンアミダーゼです。

ページTOP