DB-CLP1 CLP2

ガスクロマトグラフ

DB-CLP1 CLP2

Agilent J&W DB-CLP1 および DB-CLP2 GC は、9 種類の EPA デュアル ECD 農薬メソッド用の最も柔軟性の高い汎用カラムペアです。これらの信頼性の高い高速カラムは、優れた分離能を卓越した低いブリードとともに提供すると同時に、時間のかかるカラム交換を不要にします。DB-CLP1 および DB-CLP2 GC カラムは業界で最も厳格な試験手順でテストされ、すべてのカラムに性能サマリシートが添付されています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 農薬分析用に設計された汎用カラムペア
  • EPA メソッド: CLP (Contract Lab Program) 農薬、504.1、505、508.1、551、552.3、8081B、8082A、8154A
  • デュアルカラム、デュアル ECD GC 分析に最適
  • 通常、DB-CLP1 および DB-CLP2 カラムはセットで使用。これら 2 つのカラムは、Agilent ウルトライナート汎用プレスフィット Y–スプリッタ (5190-6980) または UltiMetal Plus 不活性処理済み CFT 非パージスプリッタ (G3184-60065) を用いて容易に接続可能
  • 中極性安定相が、高速かつ低ブリードの信頼できる分析を実現
  • 農薬を用いた特殊なテストにより、DB-CLP1 プライマリ分析用および DB-CLP2 確認分析用カラムの性能およびカラム間再現性を証明
  • すべての Agilent J&W GC カラムは、カラムブリード、感度、効率について、業界の非常に厳しい QC 仕様に基づく試験を受けているため、非常に信頼性の高い定性/定量結果を取得可能
  • 試験混合物と結果のクロマトグラムを含む QC 試験条件の詳細については、各 GC カラムに付属している Agilent J&W GC カラムパフォーマンスサマリーを参照

ページTOP