DB-608

ガスクロマトグラフ

DB-608

Agilent J&W DB-608 カラムは、塩素系農薬および PCB の効率的分析において業界をリードする性能を発揮します。U.S. EPA メソッド 608、508、8080 対応として広く利用されている DB-608 は、農薬を分解することなく、優れた不活性度と回収率を実現します。このカラムは HP-608 の後継品です。また、化学結合・架橋タイプ、溶媒洗浄可能です。最高使用温度は 40~260/300 °C で、厳格な業界 QC 標準に対してテストされており、常に非常に高い品質を得られます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 塩素系農薬と PCB の分析用に特化した設計
  • U.S. EPA メソッド: 608、508、8080
  • 農薬を分解しない優れた不活性度と回収率
  • 化学結合・架橋タイプ
  • 溶媒での洗浄が可能
  • HP-608 の後継品
  • すべての Agilent J&W GC カラムは、カラムブリード、感度、効率について、業界の非常に厳しい QC 仕様に基づく試験を受けているため、非常に信頼性の高い定性/定量結果を取得可能
  • 試験混合物と結果のクロマトグラムを含む QC 試験条件の詳細については、各 GC カラムに付属している Agilent J&W GC カラムパフォーマンスサマリーを参照
  • 同等品: SPB-608、NON-PAKD Pesticide、007-608

ページTOP

仕様

  • Agilent J&W DB-608 の製品仕様
  • キャピラリー
    内径 (mm) 0.18 ~ 0.32 mm
    長さ (m) 20 ~ 30 m
    膜厚 (µm) 0.18 ~ 0.50 µm
    温度限界 (°C) 40 ~ 280/300 °C
    メガボア
    内径 (mm) 0.45 ~ 0.53 mm
    長さ (m) 15 ~ 30 m
    膜厚 (µm) 0.50 ~ 0.83 µm
    温度限界 (°C) 40 ~ 260/280 °C

ページTOP