VF-1701 Pesticides

ガスクロマトグラフ

VF-1701 Pesticides

Agilent J&W VF-1701 Pesticides は、微量の農薬残留物の分析に特化して設計されています。各カラムは、エンドリンとアルドリンを含む主要な農薬で出荷前試験が実施されており、最適な性能と結果の一貫性を保証します。このカラムは、微量の農薬の分析用に高度に不活性化されているため、より良好な検出下限を得られます。メソッドでの指定が ECD でも MS 検出でも、非常に低濃度での分析が容易に可能です。VF-Pesticides カラムでは、感度を高める超低ブリードテクノロジーを採用しています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 微量の農薬残留物の分析に特化した設計
  • エンドリンおよびアルドリンを含む主要な農薬を用いて実施される個別のカラム試験
  • 高度な不活性化により、微量の農薬の測定における検出下限を向上
  • ECD または MS 検出での定評ある性能
  • 超低ブリードにより感度向上を実現
  • すべての Agilent J&W GC カラムは、カラムブリード、感度、効率について、業界の非常に厳しい QC 仕様に基づく試験を受けているため、非常に信頼性の高い定性/定量結果を取得可能
  • 試験混合物と結果のクロマトグラムを含む QC 試験条件の詳細については、各 GC カラムに付属している Agilent J&W GC カラムパフォーマンスサマリーを参照

ページTOP

仕様

  • Agilent J&W VF-1701 Pesticides の製品仕様
  • キャピラリー
    内径 (mm) 0.25 ~ 0.32 mm
    長さ (m) 30 ~ 50 m
    膜厚 (µm) 0.25 µm
    温度限界 (°C) -20 ~ 280/300 °C

ページTOP