薄膜とコーティングの分析

薄膜とコーティングの分析

薄膜のメーカーや供給業者が必要としている分析ソリューションは、非常に高い精度でありながらも効率的な導入が可能で、スループットに影響することなく高度な品質管理を継続的に実施できるものです。薄膜は光学コーティングや半導体に幅広く使用されており、アプリケーションによっては高い透過品質と反射品質、そしてその管理が求められます。

Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) は薄膜の分析に適しており、厳密に同一のポイントの透過と反射を測定できるため、測定の角度や位置の違いによる誤差が発生することはありません。Cary 7000 UMS の多角度分光光度は精度良く、薄膜のアプリケーションや品質管理プロセスに最適です。特に多層アプリケーションにおいては、データ収集の自動化により大幅な効率化を実現できます。

材料分析関連 アプリケーション

  • Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) による絶対鏡面反射率の角度依存性の評価 (5991-2523JAJP) 583KBサンプルの光学特性解析をする際、一般的には単一の入射角 (AOI) で反射または透過特性を測定します。ただし、サンプルの特性をより詳細に解析する場合は、複数の AOI で反射率や透過率を測定するのが理想的です。 このアプリケーションノートでは、Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) を用いて、複数の AOI で絶対鏡面反射率を高速かつ自動的に測定する方法について紹介します。また、3 次元 (3-D) プロット値および 2 次元 (2-D) 等高線プロット値を用いて、データを視覚化する方法についても示します。
  • Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) を用いたディスプレイ材料の光学特性評価 (5991-2508JAJP) 604KBサイズ、重量、消費電力が小さくなり、モバイル性が向上するにつれ、ディスプレイの普及率は高まっています。産業用、家庭用の幅広い用途で発光ダイオード (LED)や液晶ディスプレイ (LCD) の技術を用いた光ディスプレイが使用されています。
    デバイスの例としては、携帯電話、携帯情報端末 (PDA) からラップトップ PC に至る携帯用コンピュータ、携帯デジタル音楽プレイヤー、デスクトップ PC 用の LED/LCD(液晶) モニター、LED/LCD (液晶) テレビが挙げられます。10 ミクロン単位で膜厚の改良を評価する産業では、電子デバイスメーカーがパッケージサイズの小型化を追求するのに伴い、LED/LCD のパッケージは薄型化しています。
  • Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) を用いた建築用ガラスおよび自動車用ガラスの透過率と絶対反射率の自動無人多角度測定 (5991-2514JAJP) 1.23MB ガラスやガラスベースの製品は、古くから利用され、世界中の人々にさまざまな構造や機能を提供しています。20 世紀には、ガラス製品の製造という点でも用途という点でも大きな進歩が見られました。これはおもに、自動車や高層建築、個人家屋、一般消費者向けのガラス製品が登場したためです。こうした需要の高まりに応えるために、1950 年代からは、大量生産用の商用フロートガラスが開発および改良されるようになりました。
  • Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) を用いた、キューブ型ビームスプリッターの光学特性の迅速で精密な測定 (5991-2522JAJP) 160KB キューブビームスプリッター (CBS) は、光学分野の装置において重要な構成部品で、消費者製品や高性能マクロポジショニング、光ファイバーを使用した遠距離通信において幅広く使用されています。本アプリケーションノートでは、Agilent Cary 7000多角度可変自動測定分光光度計を用いてキューブスプリッターの透過、反射、吸収率の自動測定を行いました。得られたスペクトルは、製品開発段階では開発者にとって非常に有益な情報となります。品質管理においては最終検査をコントロールできる情報となります。Cary 7000 の高い生産性は、ルーチン分析での要求に応えます。