JetClean セルフクリーニングイオン源

GC/MS システム

JetClean セルフクリーニングイオン源

アジレントの JetClean セルフクリーニングイオン源は、シングルまたはトリプル四重極 GC/MS システムのイオン源から、マトリックスなどのパフォーマンスを低下させる汚れを自動的に除去します。特許取得済みのこの JetClean は、精密にコントロールされたクリーニングガスによってイオン源をクリーンな状態に保つことができ、メンテナンスの必要性を大幅に軽減します。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • マニュアルのイオン源クリーニングの頻度を低減:
    JetClean セルフクリーニングイオン源により、メンテナンス頻度が大幅に低減します。アプリケーションにもよりますが、マニュアルのクリーニング頻度を 80 % 以上減らすことができます。
  • ラボの生産性を向上:
    GC/MS のベント、イオン源分解、溶媒などを使った洗浄作業、再組み立て、および再チューニングにかかっていた時間が大幅に短縮されます。これまでクリーニングのために消費されていた貴重な装置の稼働時間やオペレータの工数をより生産性の高い活動に有効に活用できます。
  • 利便性が向上:JetClean は、ユーザーが設定したタイミングで自動的に洗浄を行うことができます。オペレータの介入が必要なく、例えば日曜日の午前 2 時など、ラボに誰もいない曜日、時刻の空き時間を利用してクリーニングを行えます。
  • クリーニングのみ (バッチモード) またはデータ採取とクリーニング (同時モード) を実行:JetClean プロセスは 2 つの動作モードで実行できます。多くのアプリケーションには、従来のメソッドをそのまま使用できるバッチモードをお勧めします。メソッドパッケージの GC/MS アナライザや、検証されたメソッドなど、特定のアプリケーションでは、同時モードでのクリーニングも可能です。
  • 低コスト:
    JetClean セルフクリーニングイオン源の動作に必要な クリーニングガスの水素の量は、ほんのわずかです。水素の供給は、水素ボンベだけでなく、高純度水素発生装置など、複数の方法で行えます。
  • MassHunter ソフトウェア:
    JetClean のすべての操作は、Agilent MassHunter ソフトウェアからコントロールできます。また、装置モニターでクリーニングの稼働状況を分かりやすく表示することも可能です。MassHunter により、データ採取のコントロール、メソッド開発、定性および定量分析、およびレポート作成を容易に行うことができます。
  • 搭載可能な GC/MS システム:
    JetClean セルフクリーニングイオン源は、5977B、7000C、および 7010 GC/MS システムのオプションとしてご利用いただけます。
  • アップグレード:
    ご使用の 5975、5977、7000B/C、および 7010 GC/MS システムにアクセサリとして追加することも可能です。

ページTOP