垂直配置トーチ

分析機器用 部品と消耗品

垂直配置トーチ

Agilent 5100 ICP-OES には、プラグアンドプレイ型のトーチと、シンプルかつ効率的なトーチローダーメカニズムが搭載されています。これにより、トーチを自動的に調節してガスを接続できるため、迅速に開始でき、高い再現性を得ることができます。いったんロードすれば、トーチのアライメントやアキシャルビューの観測位置の光学アライメントは必要ありません。自動アライメント機能により、オペレータが変わっても高い再現性が得られ、機器間のばらつきも大幅に減らすことができます。
また、Agilent 5100 ICP-OES には堅牢な垂直配置トーチも搭載されており、3 種類のすべての機器構成で使用できます。垂直配置トーチにより、高マトリックスサンプルから揮発性有機溶媒まで、きわめて分析困難なサンプルでも測定することができます。このため、困難なサンプルでも妥協のない確実な測定が実現するとともに、洗浄の手間やダウンタイムを減らすことができます。垂直配置トーチは寿命が長いため、交換回数を減らすことができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 垂直配置トーチは、分析が困難なサンプルの測定に最適な構成です。
  • このトーチを使用すると、5100 ICP-OES でアキシャルビュープラズマの検出限界を達成できます。
  • 分析が非常に難しいサンプルでも処理し、非常に長期間の安定性を実現できます。
  • プラグアンドプレイ型のトーチのため、トーチの調節プロセスがは必要ありません。
  • オペレータが変わっても、迅速に開始でき、再現性の高い結果を得ることができます。

ページTOP