エンハンサーセル

エンハンサーセル

研究、品質管理、および製品開発ラボで使用されるエンハンサーセルを、Apparatus 1 または 2 の 標準の 1 L のパドルメソッドか、またはミニパドル及び 200 mL のベッセルを使用することにより垂直拡散セルや外部受容体チャンバータイプと同様に、局所用薬製剤の放出率データが得られます。エンハンサーセルは体積が調整可能であり、皮膚または人工膜に閉じ込められた空洞部分 (拡散障壁となる空気) を排除するためのキャップから構成されます。これは、破損しやすく手間のかかるフランツセルよりもコストがかからない方法です。

溶出試験ソースブックには、エンハンサーセルのオプションおよびアクセサリ(PDF、英語)が掲載されています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 軟膏、クリーム、およびジェルの試験に最適
  • 0.5 cm2、2.0 cm2、および 4.0 cm2 を含む複数の表面積の製品が利用可能
  • 従来の溶出試験装置および 200 mL の平底ベッセルまたは 1 L のベッセルと共に使用
  • SUPAC のガイドラインに対応

ページTOP