Agilent AdvanceBio RP-mAb カラム

LC と LC/MS カラム

Agilent AdvanceBio RP-mAb カラム

Agilent AdvanceBio RP-mAb カラムは、生物薬剤の発見、開発、および QA/QC アプリケーションのためのモノクローナル抗体の分析において、インタクトおよび還元型 mAb 分析の性能を最適化します。
インタクトおよび還元型モノクローナル抗体の分析は、治療用タンパク質を特性分析しその効能と安定性を理解するために、重要な測定です。クロマトグラフィー分離が悪いと、再分析が必要となったり分析精度を妥協することにつながります。AdvanceBio RP-mAb カラムは、Poroshell テクノロジーおよびポアサイズと結合相についての独自の技術をベースとして、より高い分離能、より高速な分析時間で、正確で再現性のある分析結果を提供します。SB-C8、C4、ジフェニルなど、さまざまな化学的性質に対応します。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 精度の向上 : すべての LC 機器との互換性を維持しつつ、広いポアサイズ (450 Å) の表面多孔質粒子 (3.5 µm) により、mAb の分離能が向上しています。
  • スピード : 同じサイズの全多孔質粒子を充填したカラムに比べ、短い時間で分析できます。
  • 低コスト : 堅牢な Poroshell 充填剤と 2 μ注入口フリットにより、注入口の詰まりを防ぎカラム寿命を延ばします。
  • フレキシブルなメソッド開発 : SB-C8、C4、ジフェニルの結合相から選択可能。

ページTOP