【NEW】 LC 溶出試験ソフトウェア

【NEW】
LC 溶出試験ソフトウェア

アジレントの LC 溶出試験ソフトウェアは、OpenLAB クロマトグラフィーデータシステムの ChemStation エディション用のアドオンモジュールです。このソフトウェアは溶出試験サンプルの分析を制御し、溶出試験の最終結果を計算します。OpenLAB ECM または OpenLAB Data Store と組み合わせることで、アクセス制御、データセキュリティ、データの完全性、電子署名、アーカイブなど、21 CFR Part 11 コンプライアンス用のすべてのツールが提供されます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 溶出試験の設定に基づくシーケンステンプレートの生成により分析を自動化できます。
  • データ取り込みと定量データ解析のために既存の LC メソッドをシームレスに統合します。
  • LC ChemStation ソフトウェアのすべての機能を最大限に活用します。
  • 溶出試験テーブルのリアルタイムに更新されるグラフィックビューとすべての活性成分のプロファイルにより、溶出分析の進捗状況を確認できます。
  • サンプリング、蒸発乾固、およびメディアの変化には容量補正が提供されます。
  • USP (米国薬局方) の承認基準により速放性、遅延、徐放性の製剤を評価し、品質管理規定値を確認できます。
  • 溶出試験の結果は錠剤の溶出 %、重量、または重量/重量として計算されます。
  • サンプル分析データから溶出試験の結果への変換が可能です。
  • 溶出試験データとシステム構成データのレポートが統合されています。

ページTOP

インフォメーション

ページTOP

ホットニュース

ページTOP