RapidFire 365 
ハイスループット MS
システム

RapidFire MS システム

RapidFire 365
ハイスループット MS
システム

RapidFire 365 ハイスループット MS システムは、生化学アッセイや生化学マトリクス中のサンプル分析を効率的かつ迅速に実行できるプラットフォームです。RapidFire システムは、大量サンプルの自動分析や蛍光分析が難しいターゲットに対応可能で、in vitro ADMEアッセイのような MS ベースの分析においては 10倍以上の高速化を可能にすることで、卓越したソリューションを創薬研究機関に提供します。また、臨床研究や法医学の分野においては、結果を得るまでの時間を短縮すると同時に、コスト削減とサンプル処理の自動化によって、分析の効率を向上させます。

RapidFire ハイスループット MS システムは、世界トップ 10 のすべての製薬会社、および多くの著名な臨床研究機関で使用されています。創薬の初期段階や臨床研究における本システムの導入成果は、データとして公表されています。

最新ソフトウェア Rapidfire Acquisition 4.3 はアジレントの LC/MS にのみ対応しております。
詳細は弊社担当営業までお問い合わせください。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 天然基質のラベルフリー検出が可能:サロゲート、放射線、共役アッセイ、間接測定を使用せず、プロセスの効率化を実現します。
  • 結果生成までの時間を短縮:創薬アプリケーションでは 1 サンプルにつきわずか 8 秒、臨床アプリケーションでは 1 サンプルにつき 10 秒、という短いサイクルタイムにより、意思決定を加速できます。
  • コスト削減:サンプル、溶媒、試薬、廃液の量が大幅に減少するため、飛躍的にコストを削減できます。
  • 高い処理能力: 63 枚のプレート処理能力により、20,000 回を超えるサンプル注入分析を、60 時間連続して(週末を通して)自動で実施することができます。
  • 生産性と効率の最大化:自動メソッド開発や、単一バッチ内で複数アッセイを行う際の溶媒交換に対応しています。
  • インライン自動カートリッジ交換機能:12 本の SPE カートリッジは、1本あたり 2000回以上のサンプル注入に利用可能です。
  • アジレント装置・ソフトウェアとのインテグレーション:自動プレート処理を行う Agilent Bench Bot ロボット、チャンネルあたり 4 溶液までのスイッチングに対応する 3 つの Agilent 1200 シリーズクォータナリポンプトリプル四重極、TOF、 QTOFの質量分析装置、MassHunter ソフトウェアと組み合わせることで、RapidFireハイスループット MS システムはお客様の求めるソリューションを提供します。

ページTOP