リファイナリーガスアナライザ

ガスクロマトグラフ

リファイナリーガスアナライザ

リファイナリーガスは液体炭化水素原料油の精製工程で発生します。これらのガスの組成は、どのような工程で発生したかによって大きく異なります。一般にリファイナリーガスは、水素、酸素、窒素、一酸化炭素、二酸化炭素、C1 ~ C5 の飽和および不飽和炭化水素を含みます。C6 炭化水素や硫化水素 (H2S) が含まれる場合もあります。リファイナリーガスアナライザは石油精製ラボには必要不可欠なものであり、触媒やその他の工程のモニタリングおよび最適化に役立つ精製業向けの情報を提供します。また、ガスを化学業界へ販売する際の市場価値の確立や、研究開発のプロセスで発生した気体生成物の分析も可能です。アジレントのリファイナリーガス用 GC アナライザファミリは、工場でテストが実施され、すぐに使用可能な状態で提供されるため、正確で信頼性の高い結果を得ることができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 水素、酸素、窒素、一酸化炭素、硫化水素、二酸化炭素、C1 ~ C5 以上の長鎖炭化水素を含むリファイナリーガスなどの石油ガスに対応するアナライザ
  • 事前に設定されたメソッドパラメータ、データファイル、などが含まれ、簡単操作ですぐに使用可能
  • モル %、質量 %、体積 %、発熱量の計算結果を含むレポートを短時間で作成し、カスタマイズ可能
  • 市場をリードするガスクロマトグラフ、Agilent 7890 シリーズ GC を用いたラボ向けアプリケーション、アジレントのマイクロ GC システムを用いて構成されたラボ以外向けアプリケーション
  • オプションの液体サンプリングバルブで液化ガスの分析機能も拡張可能
  • 認定の技術者が設置および説明を行い、アナライザがアジレントの分析性能基準を満たしていること、お客様によるキャリブレーションおよびバリデーションがすぐに行える状態であることを確認

ページTOP