リファイナリーガスアナライザ

ガスクロマトグラフ

リファイナリーガスアナライザ

リファイナリガスアナライザは石油精製ラボには必要不可欠なものであり、触媒やその他の工程のモニタリングおよび最適化に役立つデータを提供します。また、リファイナリガスを化学業界へ販売する際の市場価値の確立や、研究開発のプロセスで発生したガス生成物の分析も可能です。 
アジレントのリファイナリガス用 GC アナライザファミリは、工場でテストが実施され、すぐに使用可能な状態で提供されるため、正確で信頼性の高い結果を得ることができます。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 水素、酸素、窒素、一酸化炭素、硫化水素、二酸化炭素、C1~C5 以上の長鎖炭化水素を含むリファイナリガスなどの石油ガスに対応するアナライザを取り揃え、幅広いアプリケーションとメソッド要件に対応
  • 事前に設定されたメソッドパラメータ、データファイル、性能評価用のチェックアウトサンプルなどが含まれ、簡単な操作ですぐに使用できるため、システムの立ち上げ時間を短縮し、すぐにサンプル分析に移ることが可能
  • モル %、質量 %、体積 %、発熱量の計算結果を含むレポートを短時間で作成し、カスタマイズ可能
  • 市場をリードするガスクロマトグラフである Agilent 7890 GC および 8890 GC を用いたラボ向けアプリケーション、Agilent 490 マイクロ GC システムを用いて構成された非ラボ向けアプリケーション
  • 490 マイクロ GC システム用のオプションのマイクロガス化装置で液化ガスの分析機能を拡張可能
  • 認定の技術者が据付および取扱説明を行い、アナライザがアジレントの分析性能基準を満たしていること、お客様によるキャリブレーションおよびバリデーションがすぐに行える状態であることを確認
  • Agilent J&W パックド GC カラムで使用される高効率かつ精密なパッキング技術により、カラム間の再現性と優れた効率を確保
  • 8890 GC のブラウザインタフェースを使用したリモート通信によって、ラボの外からでも GC システムのモニタリング、システムログのチェック、診断テストを実行可能
  • 8890 GC 独自のマイクロチャネルベースのニューマティクスコントロールにより信頼性と耐久性が向上し、微粒子、水、オイルなどのガス汚染物質に対する業界屈指の保護能力を実現

ページTOP