FAQ (GCQQQ関連)

トリプル四重極 GC/MS 関連のよくある質問をまとめました。下記のアイコンをクリックしてください。
       
     
2020/5/26
       
質問をクリックしてください。回答へジャンプします。
(A) 装置
1. 装置の立ち上げ手順について
2. 装置立ち上げ時の漏れを確認する方法について
3. 装置を落とす手順について
(B) 電源とガスについて
1. キャリアガス(He)を節約するために
 
(A) MassHunter Acquisition Software
1. リテンションタイムロッキングのデータ測定後、ロックするリテンションタイムを入力すると「範囲外です」とメッセージが出る。
2. ログブックの確認方法
(A) 定量ソフトウェア(Quantitative Analysis)
1.  レスポンスを合計して定量したい
2.  操作中エラーが出る
(B) 定性ソフトウェア(Qualitative Analysis)
1.  操作中エラーが出る
(C) 共通
1.  GCMS変換ツールの使い方

一般情報
(A) 装置
1. 装置の立ち上げ手順について

添付ファイルを参照下さい。

746KB << クリック


2. 装置立ち上げ時の漏れを確認する方法について

添付ファイルを参照下さい。

345KB << クリック


3. 装置を落とす手順について

添付ファイルを参照下さい。

167KB << クリック

(B) 電源とガスについて
1. キャリアガス(He)を節約するために。

GC および GC/MS システムの待機状態時に、ヘリウムガスの消費量を抑えるためのメソッド設定の
作成例となります。 詳細は、下記の添付ファイルを参照ください。

142.29KB << クリック


機器コントロール
(A) MassHunter Acquisition Software
1. リテンションタイムロッキングのデータ測定後、ロックするリテンションタイムを入力すると「範囲外です」とメッセージが出る。

MassHunterソフトウェアでは、リテンションタイムロッキング(以下RTL)のデータ測定時に
指定した5点の圧力範囲を外れた値を指定することが出来ません。
圧力範囲を拡げた設定で、もう一度RTLのデータを取り直して下さい。
データを取り直す時にメッセージが出てデータが取れない時は、メソッドフォルダー内の
RTLOCKフォルダーとrtlrep.txtを削除してから、やり直して下さい。

 


2. ログブックの確認方法

装置が止まっていた、分析がスタートしない、といった不具合があった場合に、ログブックを確認すると起きたエラーの内容、日時を確認できることがあります。
不具合と感じることがあったらこちらのファイルを参照してログブックの確認をお勧めします。

 


MassHunter解析
(A) 定量ソフトウェア(Quantitative Analysis)
1.  レスポンスを合計して定量したい

異性体を持つ化合物など、複数のピークのレスポンス(面積値など)を合計して検量線を作成したり定量結果を算出することが可能です。
注)ソフトウェアのバージョンB.07.01以降の機能となります。
詳細はこちらのファイルを参照ください。

 


2.  操作中エラーが出る

マスハンターの場合初期設定に戻すことで修復できます。
WINDOWSスタートメニューから「Agilent MassHunter Quantiative」→「定量分析ツール」を開きます。
「ユーザー設定を復元」を実行します。
または、WINDOWSスタートメニューから「Agilent」→「MassHunter Workstation」→「定量ツール」→「ユーザー設定を復元」コマンドプロンプトのウインドウが開きます。
「y」「ENTER」と入力します。実行後は何かキー入力でコマンドプロンプトは終了します。
PCの再起動後に、動作を確認してください。

 

(B) 定性ソフトウェア(Qualitative Analysis)
1.  操作中エラーが出る

マスハンターの場合初期設定に戻すことで修復が期待できます。
WINDOWSスタートメニューから「Agilent MassHunter Qualitiative」→「Tools for Qualitiative analysis 」を開きます。「Restore Qual Settings」を実行します。
コマンドプロンプトのウインドウが開きます。
「y」「ENTER」と入力します。実行後は何かキー入力でコマンドプロンプトは終了します。
PCの再起動後に、動作を確認してください。

 

(C) 共通
1.  GCMS変換ツールの使い方

MSDケミステーションとMassHunterをお使いで、

・MSDケミステーションで測定したデータをMassHunterで解析したい
・MSDケミステーションで使用していた定量テーブルをMassHunter定量分析ソフトウェアに移行したい
・MassHunterで測定したデータをAIAフォーマット(netCDF)に変換したい

などの場合には、GCMS変換ツールが便利です。

使用方法はこちらのファイルを参照ください。

 

よくある質問

ご不明な点がございましたら、
カストマコンタクトセンターまで
ご連絡ください。

www.agilent.com/chem/contactus:jp