島津製作所 HPLC システム向け Agilent CrossLab ランプ

分析機器用 部品と消耗品

島津製作所 HPLC システム向け Agilent CrossLab ランプ

島津製作所 HPLC システム向け Agilent CrossLab ランプは、可変波長検出器 (VWD)、多波長検出器 (MWD)、ダイオードアレイ検出器 (DAD)、フォトダイオードアレイ検出器 (PDA) など、幅広い検出器に使用できるように設計され、製造されています。すべてのランプは厳しい仕様を満たしているため、ランプの寿命を通じて一貫した品質と再現性のある性能が実現します。試験装置は、NIST (National Institute of Standards and Technology) または PTB (Physikalisch-Technische Bundesanstalt) で認定された光学標準を使用して定期的にキャリブレーションされています。重水素ランプとタングステンランプの両方を用意しています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 重水素ランプの高い出力安定性と強度により、検出機能と微量レベルでの定性が向上
  • すべての重水素ランプは 2,000 時間の寿命を保証
  • タングステンランプは高感度検出の可視波長範囲をカバー
  • タングステンランプの平均寿命は、動作サイクル、ソフトスタート、動作電圧などの動作条件に応じて 1,200 ~ 5,000 時間

ページTOP