4200 FlexScan シリーズ FTIR (ハンドヘルド)
(販売終了しました)

4200 FlexScan シリーズ FTIR (ハンドヘルド)
(販売終了しました)

屋外での使用に特化した設計

4200 FlexScan シリーズ FTIR は、二つのモジュールで構成されたシステムです。光学モジュールの重量は約 1.4Kg で、電源ケーブルを介して約 1.8Kg の操作モジュール (バッテリー含む) に接続されます。この操作モジュールは、ベルトに付けて、ショルダーパックに入れることができます。4200 FlexScan は、4100 ExoScan と同じ干渉計と光学系を使用しているため、4100 ExoScan と同等の性能を発揮します。4200 FlexScan は、屋外での使用を目的に設計されており、ご注文時に様々な測定インターフェースを選択いただけます。軽量のハンドヘルド光学系とサンプリングモジュールは、通常の分光器では測定不可能な大きな測定対象物などの分析を行う場合に最適です。


<本システムの詳細とお問い合せ>

本システムに関して、日本国内においては、
株式会社エス・ティ・ジャパンが販売とサポートを行っております。

 ・お問い合わせ先:株式会社エス・ティ・ジャパン

 ・お問い合わせ電話番号:03-3666-2561

 ・お問い合わせフォームhttp://www.stjapan.co.jp/contactus ※

 ・詳細ページ
            http://www.stjapan.co.jp/products/catalog/s_ftir_system ※

  ※アジレント外の Web サイトへジャンプします。ご了承ください。


下記お問い合わせボタンは、アジレント・テクノロジーへのお問い合わせになりますので、
本システムについては、上記のお問い合わせ先へお願いいたします。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ハンドヘルド
  • 固定式の各種インターフェースで種々な組み合わせが可能
  • グレージングアングルインターフェイスの入射角は 82°で、薄膜の分析に最適です。
  • ATR インタフェースは、固体、液体、ペースト状、ゲル状など様々なサンプルの測定に最適です。
  • 正反射インタフェースは、アルミニウムやスチールなどの金属表面上の被膜等の反射測定が可能です。
  • ATR インタフェースは、厚過ぎて透過測定が困難な固体や液体のサンプル測定が可能です。
  • 拡散反射インターフェースは、工芸品、岩石や鉱物、表面の粗いプラスチック、布、金属表面の腐食といった通常では測定が困難なサンプルに対応可能です。
  • 利用可能な構成

ページTOP