Agilent バイオ HPLC Mab カラム

LC と LC/MS カラム

Agilent バイオ HPLC Mab カラム

モノクローナル抗体のための高分解能イオン交換分離

モノクローナル抗体の特性解析には、酸性および塩基性アイソフォームの同定とモニタリングが含まれます。Agilent バイオ HPLC Mab カラムでは、モノクローナル抗体の高分解能イオン交換分離用に設計された独自の樹脂が使用されています。Agilent バイオ HPLC Mab カラムは 1.7 μm、3 μm、5 μm、および 10 μm の粒子径を用意しており、小さい粒子径のカラムではより高い分解能を期待できます。

仕様および価格表

お問合せはこちら
お見積りはこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 硬質球状高架橋ポリスチレンジビニルベンゼン (PS/DVB) 非多孔質ビードから構成される充てん材
  • 親水性ポリマー層でグラフトされ、抗体タンパク質の非特異的結合を事実上排除する粒子
  • 粒子、被膜、および結合は高圧下での耐性があり、より高い分解能と高速な分離を実現
  • 親水性のポリマー被膜に化学結合した、極めて均一で密に充てんされた弱カチオン交換 (WCX) 層

ページTOP