加熱脱着(TD)

ガスクロマトグラフ

加熱脱着(TD)

加熱脱着(TD)は、ガスクロマトグラフ(GC)および GC/MS のための多用途な前処理濃縮技術で、試料調製、抽出、注入を単一の自動プロセスに統合しています。様々なアプリケーション分野において、固体、液体、気体の様々なサンプル中の非常に揮発性の高い有機化合物(VOC)や半揮発性の有機化合物(SVOC)の分析に使用されています。

この技術は、溶媒抽出よりも安全で環境に優しく、自動化やバリデーションが容易で、標準的なメソッドに準拠しています。Agilent GC および GC/MS と Markes International 社の TD システム (マルチガスバージョンも含む) は、VOC および SVOC 分析のニーズを満たす感度、柔軟性、およびダイナミックレンジを備えています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 水素、窒素、ヘリウムのキャリアガスに対応するマルチガス対応システム(Multi-Gas xrシリーズ)
  • 水素キャリアガス対応により、ヘリウムよりもコストを削減し、クロマトグラフィー分離の高速化による高いスループットを実現
  • すべてのスプリットフローの定量的サンプル再捕集により、重要サンプルの繰り返し分析、容易なメソッドバリデーション、従来の TD システムのワンショットの制限を克服。
  • 最大 100本のチューブを使用でき、オーバーラップモードの使用により、スループットが向上します。
  • 14チャンネルキャニスター、4チャンネルキャニスター、または 3チャンネルオンラインの構成で、1台の TD-GC/MS システムで 100本のチューブを自動化することが可能で、究極の柔軟性を実現
  • 電子チューブタグ (TubeTAG™):業界標準の吸着剤チューブ用の RFID チューブタグを利用可能。(現在、日本では取り扱っておりません。)
  • ディフュージョンロッキング (DiffLok™) により、サンプルの気密性を高め、堅牢 (かつ機械的にシンプル) な自動化を実現。
  • 特許技術の不活性バルブより、単一の分析プラットフォームであらゆる TD アプリケーションに対応することが可能。揮発性の高い物質や半揮発性物質 (最高 n-C40 まで) のほか、メルカプタンや CS ガスなどの反応性の高い物質にも、単一の TD システムで対応可能。
  • ブランクおよびサンプリングチューブ、またはフォーカシングコールドトラップへの内部標準の自動導入が可能
  • キャリアガスの電子圧力/流量制御 (EPC) により、スプリットフローに左右されない一貫したリテンションタイムの確保が可能。
  • 電気冷却式の吸着剤トラップと高速トラップ加熱により、スプリットレスキャピラリー GC 操作と氷形成のリスクなしの最適な感度を実現
  • 未使用のチューブの接続をブランクにすることなく、複数のチューブのオフラインコンディショニングが可能
  • 特殊な吸着剤チューブ:認定標準物質、SafeLok チューブ、不活性コーティングチューブ
  • 液体/固体/エマルジョン、呼吸、原位置土壌、ポリマー、天然物、建材など、困難なマトリックス中の VOC および SVOC を測定するための独自のサンプリングツール群
  • フォーカシングトラップおよび吸着剤チューブ、キャニスター、サンプリングバッグ、またはオンラインサンプリングに対応
  • サンプリングチューブやフォーカシングトラップの吸着剤は、特定のサンプルタイプや多様なアプリケーションの要件に対応するため、さまざまな種類が用意されています。
  • 製品の詳細情報については、左の文献リンクをクリックするか、Markes社 のウェブサイトをご覧ください。(なお、一部日本では取り扱わない製品がございます。詳細は担当営業までお問い合わせください。)

ページTOP