イメージング – 概要と測定原理

イメージング – 概要と測定原理

Pub.No. ftir125JAJP

【要旨】

イメージングという用語は、分野によって意味がさまざまに異なります。、赤外顕微分光法の分野内でも、「イメージング」という用語はさまざまなテクニックに使われています。このアプリケーションノートの目的は、「イメージング」のさまざまな実施方法を説明し、各テクニックの長所と短所を考察することにあります。

分野 材料試験・研究半導体/電子材料
キーワード 赤外顕微分光法、 イメージング、 マッピング、二次元アレイイメージング 
掲載年月 2013/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 198kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Cary 600 シリーズ FTIR
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

二次元アレイ(FPA) のすべての検出素子でインターフェログラム(またはスペクトル) が同時に取得されるので、64 x 64 FPA を用いる場合、2 秒未満で4096 スペクトルを取得できます。