食品規制農薬類の一斉分析法

食品規制農薬類の一斉分析法

Pub.No. TI 16B2G1-068

【要旨】

野菜、果物、穀類等食品の安全性を確保するため、多くの農薬類に残留基準値が設定されています。現在は198種類の農薬に残留基準値が定められています。これら農薬類の分析法には、定量法として GC および HPLC法、確認法として GC/MS法が試験法として指定されています。基準値が設定される農薬類の中には極性の高い難揮発性や熱分解性化合物も多く、HPLC による試験法が増加しています。ここでは、今回新たに LC/MS による確認法が指定された農薬のうち、入手可能な 6種類(エマメクチン、アジムスルフロン、フラザスルフロン、ジメトモルフ、ペントキサゾン、キザルホップ-エチル)について 1100 LC/MSD を使用して分析を行いました。

分野 食品環境
キーワード 農薬、食品、規制、残留、TI 16B2G1-068 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 53kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。