環境ホルモン類の分析

環境ホルモン類の分析

Pub.No. TI 16B2G1-037

【要旨】

生物は生命を維持するうえで動的な恒常性を持っており、内分泌系を通じたフィードバックシステムを発達させています。外から取り込まれた物質で、この内分泌系に干渉して生物に影響を与える物質はEndocrine Disruptors(外因性内分泌攪乱物質)または環境ホルモンと呼ばれ、注目を集めています。

分野 環境
キーワード 環境ホルモン、内分泌攪乱物質、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-037 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 98kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Endocrine Disruptors(外因性内分泌攪乱物質)
(1μg / ml)のTIC