ルテニウム錯体の化学発光の測定

Agilent Cary Eclipse を用いたルテニウム錯体の化学発光の測定

Pub.No. SI-A-1829JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、コデインと反応する際のルテニウム錯体からの発光を測定することによって、Cary Eclipse の化学発光性能を実証します。図 1 には、化学発光物質を生成するために 2 つの発光しないサンプルを混合したときの写真を示しています。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)材料試験・研究
キーワード コデイン、 ルテニウム錯体、 Cary、 Eclipse 
掲載年月 2013/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 913kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Cary Eclipse 蛍光分光光度計
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Tris (2,2'-ビピリジル) ルテニウム (II) 錯体の化学発光