半定量機能 (SemiQuant) の紹介

半定量機能(SemiQuant)の紹介

Pub.No. MS-200705-005

【要旨】

標準物質を用いずにおおよその濃度を計算する半定量は、同族体、異性体における濃度計算などに用いられています。MSDケミステーション(G1701DA D.03.00以降)では、半定量を自動化する機能が追加されました。本アプリケーションニュースでは、その半定量機能(SemiQuant)について紹介します。

分野 環境一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード 半定量、SemiQuant、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDEs) 
掲載年月 2007/05
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 1.09MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

判定量結果の表示