パイロライザGC/MS 及びGC/AED による粘着剤中添加剤の分析

パイロライザGC/MS 及びGC/AED による粘着剤中添加剤の分析

Pub.No. MS-200705-003

【要旨】

プログラム昇温加熱が可能なパイロライザ(熱分解装置)と質量分析計(MS)を直結することで、ポリマーの熱分解開始温度を得ることができ、粘着剤中添加剤の熱脱着温度を決定することができました。さらに、原子発光検出器(AED)を併用することで、粘着付与剤成分由来の複雑なクロマトグラム中から添加剤成分のスクリーニングが可能でした。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード 粘着剤、添加剤、原子発光検出器(AED)、スクリーニング、ダブルショットパイロライザ、GC/MS、MS-200705-003 
掲載年月 2007/06
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 1.67MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
フロンティア・ラボ社製 パイロライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

粘着剤の発生ガスプロファイル

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

GC/MS およびGC/AED による熱脱着クロマトグラム