スターバー抽出加熱脱着GC/MS法の水質分析への適用

スターバー抽出加熱脱着GC/MS法の水質分析への適用

Pub.No. MS-200703-002

【要旨】

Twisterを用いるスターバー抽出は、in-situ誘導体化や塩析等により適用できる化合物範囲を拡大することが可能です。このアプリケーションニュースでは、水質分析の中でカビ臭原因物質、アルキルフェノール類及びビスフェノールA、及び農薬類へ適用した例を紹介します。カビ臭原因物質は直接抽出、アルキルフェノール類及びビスフェノールAはin-situ誘導体化、農薬類は塩析を用いて抽出を行いました。

分野 環境
キーワード 水質分析、アルキルフェノール、ビスフェノールA、スターバー抽出 
掲載年月 2007/03
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 157kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
twister
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

50ng/l の標準水溶液から抽出したアルキルフェノール類
およびbisphenol A のアセチル誘導体のSIM クロマトグラム