生体試料中 11 種アコニチン系アルカロイドの一斉分析

Agilent 6430 による生体試料中 11 種アコニチン系アルカロイドの一斉分析

Pub.No. LCMS-201107TK-002

【要旨】

LC/MS-MS 法を用いて、生体中アコニチン系アルカロイド 11 種類の高感度一斉分析法を検討しました。その結果、各アルカロイドの検出限界は、0.1ng/mL 以下でした。また、この高感度一斉分析法をアコニチン系アルカロイド中毒患者の生体試料に適応することで、今回確立した方法がアコニチン系アルカロイド中毒患者の診断に有効であることを実証しました。

分野 法医学
キーワード アコニチン、トリカブト、LC/MS-MS、自然毒 
掲載年月 2011/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 2.06MB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6430 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

各アルカロイドのSRM クロマトグラム (0.1ng/mL)
各アルカロイドの検量線は 図.2 に示しましたが、
0.1~50ng/mL の範囲で全てのアルイアロイドで
決定係数は 0.999 以上と直線性は良好でした。