DynamicMRM 法を用いた効率的な微量分析法

Agilent 6400 シリーズ LC/MS による DynamicMRM 法を用いた効率的な微量分析法

Pub.No. LCMS-201012TK-001

【要旨】

三連四重極型質量分析計を用いた新規測定法である DynamicMRM 法は多成分一斉分析法に有効な手法ですが、この手法について概念及び有用性について詳細に解説しました。また、実例として DynamicMRM 法を用いて 99 農薬の一斉分析法について従来の MRM 法と比較しましたが、DynamicMRM 法を使用することで Dwell time を極端に小さくすることなく測定が可能であり、S/N 比は 10 倍以上改善されました。

分野 食品
キーワード DynamicMRM、Dwell time、微量分析、多成分一斉分析 
掲載年月 2010/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 486kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6400 シリーズ LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

99 農薬のMRM クロマトグラム