Agilent 6460 による陰イオン界面活性剤の高感度分析

Agilent 6460 による陰イオン界面活性剤の高感度分析

Pub.No. LCMS-200907TK-001

【要旨】

水道水及び河川水中陰イオン界面活性剤として直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム (LAS) について LC-MS/MS による高感度分析法を検討しました。その結果、カラムに phenyl カラムを使用することで同族体である LAS-C10、LAS-C11、LAS-C12、LAS-C13、LAS-C14 の分離が可能となりイオン源に ESI を用いることで高感度分析が可能でした。また、SPE で 20 倍濃縮した水道水及び河川水抽出液中で顕著なイオン化阻害なく 0.25mg/L 相当全 LAS の測定が可能であり、S/N 比は 80 以上でした。

分野 環境
キーワード LAS、LC-MS/MS、MRM、ESI、陰イオン界面活性剤、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 
掲載年月 2009/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 235kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6460 トリプル 四重極 LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

LAS 標準液及び LAS 添加水道水、河川水抽出液の積算
MRM クロマトグラム (添加量 : 0.005mg/L) ( ):S/N