Agilent 6410 によるイミノクタジン酢酸塩の高感度分析

Agilent 6410 によるイミノクタジン酢酸塩の高感度分析

Pub.No. LCMS-200902TK-001

【要旨】

河川水中イミノクタジン酢酸塩の LC-MS/MS による高感度分析法を検討しました。その結果、LC カラムに HILLC カラムとして ZORBAX RX-SIL を用いた直接注入法により河川水中イミノクタジン酢酸塩の高感度分析が可能でした。また河川水中においても妨害成分の影響なく検出が可能であり検出限界は 0.000006mg/L と管理目標値の 1/1000 でした。

分野 環境
キーワード イミノクタジン酢酸塩、LC-MS/MS、MRM、河川水 
掲載年月 2009/02
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 246kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 シリーズ トリプル Quad LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

河川中イミノクタジン、イミノクタジン-d8 の
MRM クロマトグラム (添加濃度 : 0.001mg/L)