Agilent 6410 によるミクロシスチン類の高感度一斉分析

Agilent 6410 によるミクロシスチン類の高感度一斉分析

Pub.No. LCMS-200901TK-002

【要旨】

河川水中ミクロシスチン RR,LR 及び YR の LC-MS/MS による高感度一斉分析法を検討しました。その結果、イオン源に ESI を用いることで、これらミクロシスチン類の高感度分析が可能でした。標準溶液による検出限界は 0.017、0.009 及び 0.08ng/mL でした。また、河川 500 倍濃縮液中においても濃縮液中濃度で 1ng/mL 相当で全てのミクロシスチンの検出が可能で、顕著なイオン化阻害も認められませんでした。

分野 環境
キーワード ミクロシスチン、LC-MS/MS、MRM、河川水 
掲載年月 2009/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 257kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 シリーズ トリプル Quad LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

河川濃縮液中各ミクロシスチンの MRM クロマトグラム
(濃縮液中添加濃度 : 1ng/mL)