アジレント Ultivoトリプル四重極 LC/MS を用いた水道水中のハロ酢酸類9種の一斉分析

アジレント Ultivoトリプル四重極 LC/MS を用いた水道水中のハロ酢酸類9種の一斉分析

Pub.No. LC-MS-202012YD-001

【要旨】

平成24年4月1日に水質基準値に関するモノクロロ酢酸(MCAA)、ジクロロ酢酸(DCAA)、およびトリクロロ酢酸(TCAA)の検査方法の一部改正が告知され、LC/MS および LC/MS/MS を用いる試験法が採用されました。また要件等項目として6 種のハロ酢酸類モノブロモ酢酸(MBAA)、ジブロモ酢酸(DBAA)、トリブロモ酢酸(TBAA)、ブロモクロロ酢酸(BCAA)、ジブロモクロロ酢酸(DBCAA)、ブロモジクロロ酢酸(BDCAA)が挙げられています。
このアプリケーションノートでは、アジレント Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いて水道水中のハロ酢酸類9種の一斉分析を行いました。その結果、9 種すべてのハロ酢酸類が 0.001 mg/L 濃度で検出可能であり、添加回収試験結果もおおむね良好でした。

分野 環境
キーワード モノクロロ酢酸(MCAA)、ジクロロ酢酸(DCAA)、トリクロロ酢酸(TCAA)、水道水、ハロ酢酸類 
掲載年月 2020/12
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 448kB)

ログイン会員限定