Agilent InfinityLab Poroshell120 の親水性相互作用クロマトグラフィーによるフグ毒テトロドトキシンの分析

Agilent InfinityLab Poroshell120 の親水性相互作用クロマトグラフィーによるフグ毒テトロドトキシンの分析

Pub.No. LC-MS-202009SD-001

【要旨】

フグ毒テトロドトキシン(Tetrodotoxin, TTX)は代表的な魚貝毒であり、国内では年間数十件のフグ毒中毒が発生しています。このため、TTX の定量的な検出は食品衛生上重要な課題の一つです。高極性化合物の TTX は一般的な ODS カラムの逆相分析では十分に保持されないため、より強い保持を示す親水性相互作用クロマトグラフィー (Hydrophilic Interaction Chromatography, HILIC) による分析が検討されています。このアプリケーションノートでは、TTX 分析を Agilent InfinityLab Poroshell120 の HILIC カラム3種(HILIC、HILIC-OH5、HILIC-Z)で行いました。

分野 食品
キーワード フグ毒、テトロドトキシン、Poroshell120、HILIC、LC/MS、MRM  
掲載年月 2020/09
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 902kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)