固相抽出カラムの直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩の回収率の比較

固相抽出カラムの直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩の回収率の比較

Pub.No. LC-MS-202006YSSD-001

【要旨】

水質分析の対象である直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩の分析法が環境省の「水質分析に係る環境基準について」の付表12に規定されており、使用可能な固相抽出カラムは「シリカゲルに逆相系化合物を化学結合したものまたは合成充填剤(多孔性のスチレンジビニルベンゼン共重合体またはこれと同等の性能を有するもの)」となっています。この規定に相当するBond Elut C18、Bond Elut C8、NEXUSの3種の充填剤についてアルキルベンゼンスルホン酸の回収率を比較し、NEXUSが最も回収率に優れていることを確認しました。

分野 環境
キーワード アルキルベンゼンスルホン酸、水質分析、固相抽出、NEXUS、LC/MS  
掲載年月 2020/06
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 891kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)