Q-RAI法を用いたAgilent 6546 LC/Q-TOFによる薬物スクリーニング法

Q-RAI法を用いたAgilent 6546 LC/Q-TOFによる薬物スクリーニング法

Pub.No. LC-MS-202006TK-001

【要旨】

本アプリケーションノートでは,Q-RAI (Quadrupole Resolved All Ions)法を用いた四重極飛行時間型LC/MS (LC/QTOF)による薬物分析について紹介します。Q-RAI法とは従来のデータ依存型MS/MS法と異なりデータ非依存型MS/MS法です。この手法の特徴は検出されたイオンの網羅的なMS/MS測定が可能な事です。しかし,従来のデータ非依存型MS/MS法であるAll Ions法は四重極でイオンを選択しない事から,測定されるMS/MSスペクトルの特異性が低い問題点がありました。一方,Q-RAI法は四重極でイオンを任意の質量範囲で絞りこみながら測定が可能な事から測定されるMS/MSスペクトルの特異性を高くする事が可能です。そこで生体試料中薬物分析にQ-RAI法を用いたAgilent 6546 LC/QTOFによるスクリーニング法を検討しました。

分野 法医学製薬/バイオ医薬品
キーワード LC/Q-TOF、6546、Q-RAI、薬物分析、データ非依存型MS/MS法、1290 
掲載年月 2020/06
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 1.03MB)

ログイン会員限定