Agilent 6546 LC/Q-TOFを用いた短鎖塩素化パラフィン類の分析

Agilent 6546 LC/Q-TOFを用いた短鎖塩素化パラフィン類の分析

Pub.No. LC-MS-202005TK-003

【要旨】

塩素化パラフィン類は直鎖アルカンが複数の位置で塩素が置換されている化合物であり,難燃剤・プラスチック・ゴム・塗接着剤・金属加工潤滑剤・冷却剤などの製造に使用されています。特に炭素数が10から13の短鎖塩素化パラフィン(SCCPs)はその毒性・蓄積性から平成30年に化審法第一種特定化合物に指定され,製造・使用は禁止されています。しかし,中鎖塩素化パラフィン(MCCPs)は現在でも多く使用され,MCCPs中の不純物として存在するSCCPsの環境中での分析が不可欠です。SCCPsは低分解能質量分析計では鎖長の異なる同族体による質量干渉があることから測定が困難とされています。そこで高分解能質量分析計であるLC/Q-TOFを用いてSCCPsの分析法を検討しました。

分野 環境
キーワード 短鎖塩素化パラフィン(SCCPs)、Agilent 6546 LC/Q-TOF、Dual AJS 
掲載年月 2020/05
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.04MB)

ログイン会員限定