Agilentトリプル四重極LC/MSを用いた水道水中のPFOS、PFOAの分析

Agilentトリプル四重極LC/MSを用いた水道水中のPFOS、PFOAの分析

Pub.No. LC-MS-202004TA-001

【要旨】

令和2年3月30日に示された水質管理目標設定項目に新たに目標31としてペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)が追加されました。目標値は暫定でPFOS、PFOAの量の和が0.00005 mg/L以下(50 ng/L)と定められました。尚、PFOS、PFOAそれぞれにおいて目標値の1/10の濃度である5 ng/L以下を定量下限とし、5 ng/L付近の変動が20%以下となることが規定されています。 本報では水道水中のPFOS、PFOA分析において、固相抽出後のLC/MS分析を想定し、標準品の分析を行いました。

分野 環境
キーワード 有機フッ素化合物、PFOS、PFOA、LC/MS/MS、環境、1260 Infinity II Prime Pump、1260 Infinity II Vial Sampler、Ultivo Triple Quadrupole LC/MS、MassHunter Workstation LC/MS Data Acquisition for Ultivo LC/TQ Version 1.1  
掲載年月 2020/04
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.11MB)

ログイン会員限定