Tween 80(ポリソルベート80)の分析

LC/TOF-MS による Tween 80(ポリソルベート80)の分析

Pub.No. LC-MS-201907HK-001

【要旨】

Tween80 は非イオン性界面活性剤で、アルキル及びエチレンオキシドの重合度にバリエーションがあるため、数千の構造の可能性があります。
Tween80 のような複雑な組成を持つ混合試料の LC/MS 分析では多数のピークが溶出するため、TIC から自力で特徴的な化合物の探索を行うには多大な労力を要するうえ、差異を可視化することが困難です。
Agilent MassHunter Qualitative ソフトウェアで Molecular Feature Extraction(MFE)を行うと、多数のピークを自動で抽出することが可能です。また、Mass Profiler ソフトウェアにより、試料間の差異を容易に可視化できます。
本アプリケーションノートでは、Tween 80 を LC/MS で分離・検出する分析条件を構築し、二つのブランドの Tween 80 に含まれる分子種の差異を解析しました。
また、Mass Profiler Professional ソフトウェアを使用し、ケンドリックマスディフェクト(KMD)プロットを作成した。KMD プロットを作成することにより繰り返し構造を持つ混合試料の解析を簡便に行うことが可能になりました。

分野 材料試験・研究
キーワード Tween80(ポリソルベート80)、LC/TOF-MS、Mass Profiler、Mass Profiler Professional 
掲載年月 2019/07
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 868kB)

ログイン会員限定