LC/TOF-MS によるポリマー添加剤の一斉分析

LC/TOF-MS によるポリマー添加剤の一斉分析
~ Personal Compound Database and Library の作成とスクリーニング ~

Pub.No. LC-MS-201904HA-001

【要旨】

ポリマー添加剤は、ポリマー樹脂の加工や機能付与、製品の安定化のために不可欠です。そのため、複数のポリマー添加剤を複合的に用いて、製品の機能性を向上させます。ポリマー製品の特性解析を行う際には複数のポリマー添加剤を同時に分離・検出し定性できる測定手法が必要とされています。
本アプリケーションノートではポリマー添加剤として用いられている化合物をHPLCで分離し、TOF-MSで検出しました。代表的なポリマー添加剤の組成式・構造式・保持時間を登録したPersonal Compound Database and Library (PCDL) データベースを作成しました。今回は、低圧混合タイプのポンプによるLCメソッドで確認された保持時間をもとにデータベースを作成しました。 実試料として食品用ラップフィルムのTHF浸出液を測定し、作成したデータベースを用いてスクリーニングを行いました。

分野 材料試験・研究
キーワード ポリマー添加剤、精密質量データベース、LC/TOF-MS 
掲載年月 2019/04
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 855kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)