ポリマー添加剤の一斉分析

シングル四重極 LC/MS によるポリマー添加剤の一斉分析 ~ NIST MS Search カスタムライブラリの作成とライブラリサーチ ~

Pub.No. LC-MS-201810HK-001

【要旨】

ポリマー添加剤は、ポリマー樹脂の加工や製品の安定化のために不可欠です。複数のポリマー添加剤を複合的に用いて、製品の機能性を向上させます。そのためポリマー製品の特性解析を行う際には複数のポリマー添加剤を同時に分離・検出し定性できる測定手法が望まれます。

添加剤などの定性分析にはライブラリサーチが有効です。あらかじめ既知の標準試料の分析結果をもとにマススペクトルライブラリを作成しておき、実試料分析時にライブラリサーチを行うことで、未知試料に既知化合物が存在したかを簡単に調べることが可能になります。

本アプリケーションノートではポリマーの添加剤として用いられている化合物類をHPLCで分離し、シングル四重極LC/MSで検出しました。標準試料から得られたマススペクトルから、NIST MSカスタムライブラリを作成しました。

分野 材料試験・研究
キーワード ポリマー添加剤、マススペクトルライブラリ、シングル四重極 LC/MS 
掲載年月 2018/10
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.01MB)

ログイン会員限定