Q-TOF LC/MS によるパリトキシン関連化合物の構造研究

Positive / Negative Ion Mode を相補的活用した Q-TOF LC/MS によるパリトキシン関連化合物の構造研究

Pub.No. LC-MS-201808UD-001

【要旨】

本アプリケーションノートでは、Q-TOF LC/MS を用いて複雑な構造を有する海洋天然物の構造を解明する手法をご紹介します。 パリトキシンは渦鞭毛藻が生産する有毒な天然有機化合物で、これ自体は絶対構造まで決定されていますが、構造の複雑さから化学構造が完全に明らかにされている類縁体は限られています。構造既知のオストレオシンD を用いて、Q-TOF プロダクトイオンスペクトル測定を試みたところ多くのシグナルが帰属でき、Positive / Negative ion mode のそれぞれから異なる有用な構造情報が得られることが確認できました。

分野 アカデミア
キーワード 海洋天然物、構造研究 
掲載年月 2018/09
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 1.26MB)

ログイン会員限定