HILIC カラム分析における低容量注入の再現性

HILIC カラム分析における低容量注入の再現性

Pub.No. LC-MS-201703YD-001

【要旨】

HILIC カラムを使用した分析では、注入量を増やすとピーク形状が悪くなることがあります。そこで Agilent InfinityⅡLC を用いて、低容量注入での再現性を検証しました。その結果、わずか 0.1 µL 注入でも再現性は 4.01 % (面積 % RSD 評価) であり、Agilent InfinityⅡ LC は HILIC カラム分析において有効なツールであることが示されました。

分野 食品一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード 親水性化合物、HILICカラム、LC/MS/MS、低容量注入再現性 
掲載年月 2017/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 1004kB)

ログイン会員限定