Bond Eult QuEChERS EMR Lipids を用いた下痢性貝毒分析の前処理法

Bond Eult QuEChERS EMR Lipids を用いた下痢性貝毒分析の前処理法

Pub.No. LC-MS-201607TK-001

【要旨】

下痢性貝毒の Bond Elut QuEChERS EMR Lipids を用いた迅速、簡便かつ信頼性の高い前処理法を開発しました。この前処理法によるマトリックス効果は -7 ~ -3% と顕著な感度低下は認められませんでした。また、下痢性貝毒の添加回収率はホタテガイで 87 ~ 101%、カキで 88 ~ 94%、アサリで 84 ~ 93%、再現性は n=5 での相対標準偏差が 3.7 ~ 7.2% と良好な結果でした。今回の前処理を使用することで Agilent 6495 Triple Quadrupole LC/MS を用いた検出限界は 0.1ng/g 以下でした。

分野 食品
キーワード Bond Elut QuEChERS EMR Lipids、オカダ酸、ジノフィシストキシン-1、ジノフィシストキシン-2 
掲載年月 2016/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 593kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)