ポリマー中の添加剤の分析

ハイレゾサンプリング 2D-LC によるポリマー中の添加剤の分析

Pub.No. LC-202002KG-001

【要旨】

ポリマー中の添加剤の分析では、GPC によりポリマーと添加剤を分離・分取し添加剤が含まれるフラクションの溶媒を除去した後,逆相クロマトグラフィー (RPC) で分析する方法が一般的です。しかし、この方法は煩雑で時間がかかるという問題点があります。最近では、GPC の検出器にMSを使う方法も行われていますが,THF のイオン化の問題などが知られています。
近年、分離条件の異なるLCを組み合わせて分離の改善を図る手法である 2D-LC が、天然物の精密な分離やポリマーの分子量-組成の同時解析など様々な分野で利用されています。

分野 材料試験・研究
キーワード 2D-LC、ハートカット、GPC、GPEC、共重合体 
掲載年月 2020/02
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 642kB)

ログイン会員限定