非イオン界面活性剤の分析

Agilent 1260 Infinity Ⅱ システムによる非イオン界面活性剤の分析 : 固相抽出-高速液体クロマトグラフ法

Pub.No. LC-201912TB-001

【要旨】

非イオン界面活性剤は、高い洗浄力を持ちながら低刺激であることなどから家庭用の各種洗浄剤 (食器用、住居用、シャンプーなど) や化粧品などに幅広く使われており、水道水質基準項目として水質基準値 0.02 mg/L 以下、定量下限値 0.005 mg/L 以下が定められています。
本報では、Agilent 1260 Infinity II ダイオードアレイ検出器を用いた分析結果をご紹介します。分析法は、水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法で定められた固相抽出-高速液体クロマトグラフ法に従いました。

分野 環境
キーワード HPLC 非イオン界面活性剤、固相抽出-高速液体クロマトグラフ法、ダイオードアレイ検出器 
掲載年月 2019/12
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 657kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)