示差屈折率検出器を用いた NH2 カラムでの糖分析

示差屈折率検出器を用いた NH2 カラムでの糖分析

Pub.No. LC-201907WN-001

【要旨】

糖の分析方法としては、高速液体クロマトグラフ法があります。アプリケーションノートは、弊社アミノカラムと高速液体クロマトグラフの検出器に屈折率検出器 RID を用いて、250 ㎜ カラムを用いて分離を比較しました。

分野 環境食品
キーワード HPLC、糖、Carbohydrate、Polaris NH2、栄養成分表示、RID 
掲載年月 2019/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 408kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)