ホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒドDNPH誘導体分析における未反応DNPHのオンライン除去

2 position/6 port バルブを使用したホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒド DNPH 誘導体分析における未反応 DNPH のオンライン除去

Pub.No. LC-201604HK-002

【要旨】

水中のアルデヒド類は DNPH (ジニトロフェニルヒドラジン)で誘導体化を行い、HPLC-UV もしくは LC-MS(/MS) で分析を行います。しかし、試料中に存在する過剰量の未反応の DNPH が、テーリングした DNPH ピークがホルムアルデヒドの溶出時間にベースラインドリフトを起こしたり、LC-MS の場合はイオン源の汚染の原因となります。 ここではバルブソリューションを応用して、過剰量の DNPH を除去し、測定対象であるホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒド DNPH体のみを逆相カラムに導入するシステムの検討を行いました。

分野 環境
キーワード バルブソリューション、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、DNPH誘導体、HPLC 
掲載年月 2016/04
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 537kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)